Interview

インタビュー

2018年9月9日~9月16日で開催された「セーリングワールドカップシリーズ江の島大会2018」では、2020年の「都市ボランティア」のテストも兼ねて、多くの方におもてなしやイベントのボランティアにご協力いただきました。ボランティアを経験してみてどうだったか、実際に活動された方にインタビューをしました。

vol.2 加藤奈那華さん
加藤奈那華さん
最初、ボランティアに孤独なイメージがありましたが、実際はその逆でした。
加藤奈那華さん

今回お話を伺ったのは、片瀬江ノ島駅前に設置した「おもてなしボランティアブース」で、ヨットハーバーへの誘導や、観戦ポイントの案内をしていただいた加藤奈那華さんです。

加藤奈那華さん
「ボランティアに応募したきっかけは?」

2020応援団 藤沢ビッグウェーブに登録していて、募集の情報を見て応募をしました。スポーツボランティアに興味があったし、家も近いので参加してみようと思いました。

「実際にボランティアをやってみて、どうでしたか?」

私はいま大学一年生で、もっと学生が多いと思っていましたが、意外にも少なかったと感じました。ボランティア当日の同じグループには、普段から外国語観光ボランティアガイドとして活動されている方がいて、お客さんへの接し方や案内の仕方など、まさにベテランという感じで勉強になりました。地元なのに江の島について知らないことも多かったと気づかされました。

「積極的に話しかけている姿があったように見えました。どんな方と話しましたか?」

話しかけるのに慣れてきたうちに終わっちゃったな、という感じです。最初はこちらから声をかけるのに抵抗があったのですが、セーリングワールドカップの観戦を目的に来られた方、江の島観光に来られた方と、それぞれいらっしゃいました。外国人の方とお話しすることもできました。(※チラシを持って話しかけるも遠慮されてしまうが、実は選手だったというシーンもありました。)

加藤奈那華さん
加藤奈那華さん
「何か対応するなかで発見したことや感じたことはありますか?」

観光に訪れた方は、目的のお店があるわけではなく、何となく江の島に来たという場合も多かったです。そのような方には、イラストマップをお渡しすると喜ばれました。 セーリングワールドカップの開催を知らずに江の島観光に訪れた方も多かったのですが、ご案内すると何人かは行ってみるよと返してくれて、励みになりました。

「普段からボランティア活動をしているのでしょうか?」

大学の「ボランティア支援室」というところの学生スタッフをやっています。ボランティア支援室のなかにはいくつかグループがあり、オリンピック・パラリンピックのチームもあります。今年の5月にはシドニーとアテネのオリンピックでボランティアをされた市居愛さんをゲストにお招きしたイベントを開催したのですが、予想を大幅に超える100人ほどが集まり驚きました。他大からの参加者もいました。
現在、大会ボランティア・都市ボランティアの募集が始まっているので、学内での説明会も開催予定です。
加藤奈那華さん加藤奈那華さん

「友人との会話で、オリンピック・パラリンピックが話題に挙がることはありますか?」

入っているサークルの話になり、ボランティア支援室のことを言うと、オリンピック・パラリンピックがあるよね、と普段の会話でも出てくることがあります。ボランティア支援室に入っていない学生でも、興味があるという人はいると思います。

「これからやってみたいボランティア、企画などがあれば教えてください。」

実は、ラグビーワールドカップのボランティアについても応募したのですが、それは落ちてしまいました。(笑)
もちろん、東京2020大会のボランティアに興味はあるのですが、大会ボランティアと都市ボランティアのどちらに応募するか、どうするかは悩んでいるところです。スポーツボランティアに興味があり、横浜マラソンのボランティアにも活動する予定です。

「今回、ボランティア活動をしてみて、都市ボランティアの魅力はどこにあるでしょうか?」

お客さんと一緒に盛り上がることができるのは、都市ボランティアの魅力だと思います。これから競技会場に向かう、わくわくした気持ちのお客さんと接するので、会った瞬間から一緒に楽しむことができます。 また、今回嬉しかったのは、セーリングワールドカップを知らなかった人でも、ご案内することで「行ってみようかな」と言ってくれたことです。

加藤奈那華さん
「ボランティアやってみようか悩んでいるひとに対して、メッセージをお願いします。」

私は最初、ボランティアに孤独なイメージがありました。というのも、一人で申し込むと、周りは知らない人だらけで、活動のなかでも交流がないと思っていたからです。 でも、実際はその逆だったということをお伝えしたいです。ボランティアをやってみると、普段の生活では接することのない人たちと一緒に、グループで活動ができました。また、お客さんとの交流もありました。一人で申し込むのは怖いかもしれませんが、活動を通じて仲間ができるということを知ってもらえればと思います。