『藤沢市内高校生セーラー等とオーストラリアチームとの交流イベントを開催しました』

2019年8月29日

江の島で開催されるセーリングワールドカップシリーズ江の島大会2019に出場 するオーストラリアチームの選手や関係者と,藤沢市内高校生セーラー等との,海上での共同練習と陸上でのセーリングレクチャをテーマに,交流イベントを実施しました。


実施概要

日時:20197月22日() 

場所:江の島ヨットハーバー及び江の島沖

交流内容:セーリングのオーストラリアチームと,藤沢市内高校生セーラー等との,海上での共同練習後,陸上で先ほどの練習を踏まえた,セーリングレクチャを実施しました。


交流の詳細

 当日風が無い予報だったのですが,ちょうど交流開始のタイミングから,気持ちの良い南風が吹いてきました。ここぞとばかりに,日本人セーラー達が出艇していくのを,コーチボートからオーストラリアセーラー達が見守ります。ちなみに,当日は「470級」「420級」「29er級」という2人乗りの艇が出ました。


 海上でコーチボートから,オーストラリアセーラー達から的確な指導を受け,日本人セーラー達は練習をしていたのですが,途中からそれぞれの艇にオーストラリアセーラーと日本人セーラーが乗って,コンビを組んで練習することに。スター選手と一緒にセーリングをすることができ,喜びと緊張が入り混じった表情で,セーリングを楽しんでいました。


 また,海上での練習後は,陸上でのオーストラリアセーラーからのレクチャーが実施されました。セーリング用語が飛び交い,レベルの高いセーリングについての質疑応答がなされていました。先ほどオーストラリア選手と一緒に乗った際の質問も多く出て,当日交流を実施した日本人セーラーにとって,かけがえのない思い出になったようです。

 


藤沢市セーリングサポートプログラムのご紹介

2020年東京オリンピックのセーリング競技会場となる、江の島を擁する藤沢市では、出場候補のセーリングチームに対して「セーリングサポートプログラム」を提供しています。プログラムへの登録には、藤沢市民や市内学校の児童生徒との交流が条件となりますが、登録チームには「ウェルカムパスポート」が発行され、藤沢市内の市営トレーニング施設の無料使用をはじめとする、各種特典を受けられるようになります!

詳細(英語)はこちら


(今回の交流イベントは、神奈川県との共催で行いました。)

海上での練習の様子
陸上でのセーリングレクチャー
  • Share this post