<開催しました>教えて!オリンピック・パラリンピックのちから~『+1』 from FUJISAWA~

2020年10月29日

 2020年10月24日(土)に、藤沢市がホストタウンになっているポルトガルのパラ選手との交流等を行う、「教えて!オリンピック・パラリンピックのちから~『+1』 from FUJISAWA」を開催しました。今回のイベントは市内に在住または在学の中学生等を対象とし、Zoomによるオンライン参加と会場参加を組み合わせて開催しました。会場となったのは、ポルトガルパラリンピック選手団が事前キャンプを行う予定の、市内善行にある県立スポーツセンターです。


 プログラムの最初は、藤沢市障がい者スポーツ連絡協議会会長の種田多化子さんから、ご自身がパラスポーツを始めたきっかけや、パラスポーツを通じて様々な人が共に参加できる社会を目指されることなどを、会場でお話しいただきました。


  続いて、パラリンピックの競泳で北京・ロンドン・リオに続き東京2020大会への出場が内定している、木村敬一選手に合宿先の長野県からリモート出演していただきました。木村選手は、「今回は日本で開催される大会なので、ただ出場するだけではなく、日本の選手として海外の選手を快く迎え入れることをしていきたいです。」「普段オリンピックは4年に1度。今回は5年あります。このプラスワンの1年でもっと上達できます。」と東京2020大会への思いを語られました。


 続いて、第2部のポルトガルのパラ選手との交流に向けて、ポルトガルのことについての学習です。ポルトガル大使館員で、ポルトガルパラリンピック委員会と、ホストタウンである神奈川県と藤沢市との仲立ちをされている日置圭一さんから、歴史的にも私たち日本人と大変縁が深いポルトガルについてお話をいただきました。


 第2部では、いよいよポルトガルのパラリンピック選手とのオンライン交流です。日本は夕方の4時半ですがポルトガルは朝の8時半、海を越えての国際オンライン交流となりました。ポルトガルパラリンピック選手団長で元水泳競技パラリンピアンのレイラ・マルケス・モッタさん、ボッチャ選手のカルラ・オリヴェイラさん、パラ水泳選手のジーノ・カエターノさんが参加してくれました。通訳はポルトガル大使館の日置さんです。コロナ禍におけるトレーニング方法をお話しいただいたり、質疑応答をしたりと、リアルタイムで遠く離れたポルトガルのパラ選手の皆さんと交流できたことは、中学生の皆さんにとって貴重な体験となりました。ポルトガルの皆さんも「藤沢の皆さんと、オンラインでお話しできてとてもうれしいです。」とおっしゃっていました。最後にポルトガルの皆さんと、参加者の皆さんとで記念撮影を行い、来年に向けて、気持ちを一つにしながら、本イベントを終了しました。


 ポルトガルパラリンピック委員会からは、今回出演していただいた選手以外の東京2020大会出場有力選手の紹介動画も提供していただき、イベント内で上映しました。コロナ禍での選手たちの練習の様子や藤沢市民の皆さんへのメッセージもいただいています。この動画は下記のYouTubeサイトからご覧いただけます。

https://www.youtube.com/watch?v=sb8BseF1L2o




 また、当イベントの事前学習用としてポルトガル大使館からお送りいただいた動画も引き続きご覧いただけます。イベントに参加できなかった方や、もっとポルトガルのことを知りたくなった方も、ぜひご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=OoYdM-ANrWg





※PDF版「ポルトガル東京2020パラリンピック競技大会 出場有力選手のご紹介」も公開しています。選手動画とともにご覧ください。

https://fj-games2020.jp/topics/181/



  

「教えて!オリンピック・パラリンピックのちから~『+1』 from FUJISAWA~」イベント概要


日程:2020年10月24日(土)

時間:15時00分~17時30分

対象:藤沢市在住または在学の中学生

主催:藤沢市、公益財団法人藤沢市みらい創造財団、一般社団法人藤沢青年会議所

主管:青少年体験学習事業実行委員会

協力:駐日ポルトガル共和国大使館、神奈川県、藤沢市障がい者スポーツ連絡協議会、東京ガス株式会社神奈川西支店                   




木村敬一選手 リモート出演
中学生からポルトガルのパラ選手の皆さんに質問
  • Share this post