新江ノ島水族館ユニバーサル開放デー開催しました!

2019年4月4日

 330日(土)に、新江ノ島水族館様のご協力のもと、通常営業時間後に、障がいのある方やそのご家族に、ゆっくりと鑑賞を楽しんでいただく「ユニバーサル開放デー」を開催しました。


 当日は、100名以上のお客様に館内を鑑賞いただきました。水槽の前で、海の生き物達をゆったりと眺めるご家族や、生き物や海の説明を一つ一つじっくりと読まれる方など、それぞれがご自身の楽しみ方で、イベントを満喫されている様子でした。


 また、今回は、東京2020大会でご活躍いただく「藤沢市・都市ボランティア」のリーダー候補の皆様に、ボランティアとしての活動を実践いただく場ともなりました。

 ボランティアの皆様には、当日、「ユニバーサル開放デー」に先立って、江の島ヨットハーバーで、障がいをお持ちの方を含む、多様な人々と向き合うための心づかいと行動を学ぶ「ユニバーサルマナー」の研修を受講いただきました。

 株式会社ミライロの講師の方々から、無関心でも過剰でも無い心づかいとともに、車いすの押し方や、白杖の方のサポートについても学ばれたボランティアの皆様は、イベントでも、来場されたお客様の記念撮影をしたり、駐車場から水族館内まで車いすを押して、一緒に鑑賞したり、事前に学んだことを生かし、思い思いのおもてなしを実践されていました。



協力:新江ノ島水族館(会場提供)

研修の様子
ボランティア実践後の様子
  • Share this post