2020年に向けた、藤沢市のボランティア

News & Topics

ボランティア

News & Topics

ボランティア

藤沢市の都市ボランティア

藤沢市では、「都市ボランティア」の募集・運営を行います。
2次募集は、2019年4月10日~7月5日を予定しています。1次募集の概要は、以下のとおりです。

1次募集期間  2018年9月26日(水)から12月7日(金)まで(必着)
募集区分・人数 リーダー候補 100人
活動期間・時間 2020年7月26日(日)~8月5日(水)
5日間以上、1日当たり5時間程度

次の3つに当てはまる方が応募可能です。
① 2002年4月1日以前に生まれた方
② 日本語による簡単な会話(意思疎通)ができる方
③ 2020応援団藤沢ビッグウェーブへ登録済みの方
  2020応援団藤沢ビッグウェーブについてはこちらをご覧ください。

● ユニフォーム一式
● 活動中の飲食
● ボランティア活動向けの保険
● 活動期間中の活動日における滞在先から活動場所までの交通費相当として一定程度

※面接・説明会等、研修及び活動期間中における滞在先までの交通費及び宿泊は、自己負担・自己手配となります。
※活動終了後、活動日等を記載した活動証明書を発行する予定です。

● ウェブで応募する場合
「藤沢市東京オリンピック・パラリンピック開催準備室」サイト内の応募ページから、ガイドに従って必要事項記入して応募してください。応募後、メールで情報が配信されますので、ドメイン指定などの受信制限を利用されている場合、「@fj-games2020.jp」からのメール受信設定をお願いいたします。

● FAXで応募する場合
申込用紙(PDFファイル)に必要事項を記入の上、東京オリンピック・パラリンピック開催準備室まで送信してください。

● 郵送で応募する場合
申込用紙(PDFファイル)に必要事項を記入、切手を貼付の上、東京オリンピック・パラリンピック開催準備室まで送付してください。

申込用紙は、藤沢市役所本庁舎1階総合案内・5階東京オリンピック・パラリンピック開催準備室、市内各センターに配架しています。

※応募以降は、PC・タブレット・スマートフォン等での連絡が必要となる可能性があります。インターネット等へ接続できる環境をおすすめします。

① リーダー候補として活動を希望する方
② 東京2020大会の都市ボランティアとして、活躍したいという熱意を持っている方
③ お互いを思いやる心を持ち、チームとして活動したい方
④ ボランティア経験がある方
⑤ 藤沢の観光、交通案内等に関する知識やスキル・経験を活かしたい方
⑥ 防災・防犯・救命救急等に関する知識を活かしたい方
⑦ 英語やその他言語及び手話等のスキルを活かしたい方

<募集区分>
1次募集
<時  期>
2018年(平成30年)9月26日~12月7日
<募集人数>
100人
<備  考>
チームのリーダーとして観光案内、交通案内、東京2020大会のインフォメーション、観客の盛り上げ。
※リーダーとは、複数のボランティアメンバーを取りまとめてチームとして楽しく活動できるようにしていただく方です。活動開始時及び終了時のミーティング、出欠確認や休憩管理、注意事項の伝達等の事務局(ボランティア本部)との報告・連絡などを行っていただきます。

<募集区分>
2次募集
<時  期>
2019年(平成31年)4月10日~7月5日(予定)
<募集人数>
約800人
<備  考>
案内・誘導、観光、本部サポート、言語サポート、救護などの役割別ボランティア募集を予定しています。
<募集条件について>
Q. 藤沢市外に在住ですが、藤沢の都市ボランティアに応募できますか。
A. 応募できます。ただし、都市ボランティアの活動内容は、目的地までの交通誘導や観光案内が中心となります。

Q. 他の自治体の都市ボランティアや大会ボランティアと、複数に応募することはできますか。
A. 活動日数等、条件を満たすことが出来れば、両方のボランティアに応募することができます。活動日程が重ならないよう、ご自身でご配慮ください。

Q. 外国人ですが、応募できますか。
A. 日本語による簡単な会話(意思疎通)ができる方であれば、国籍は問いません。

Q. 現在、海外に住んでいますが、応募できますか。
A. 応募できます。ただし、研修など活動日以外にご参加いただく機会があります。

Q. 障がいがありますが、ボランティアに応募できますか。
A. 応募できます。配慮が必要な場合は、ご応募の際に、「ボランティア参加にあたって配慮してほしいこと」の項目で詳細をご記入ください。ただし、活動内容等、ご希望に添えない場合もございますことを、あらかじめご了承ください。

Q. 高校生は応募できますか
A. 2002年4月1日以前に生まれた方がご応募できます。

Q. 応募年齢に上限はありますか?
A. ございません。


<応募について>
Q. 一次募集の締切はいつですか。
A. 一次募集の締切は、2018年12月7日(必着)です。2次募集に関しては2019年4月10日~2019年7月5日を募集期間として予定しています。

Q. 応募は先着順ですか。
A. 先着順ではありません。

Q. 募集人数以上の応募があった場合、どういった選考になるのですか。
A. 書類選考および面接により、採用者を決定する予定です。

Q. ペアまたはグループで応募はできますか。
A. 一次募集では、ボランティア活動を行う際のチームリーダー候補の募集ですので、個人単位でのご応募のみとなります。二次募集では、グループでのご応募を受け付ける予定です。

Q. ウェブからの応募は、どのように行えばよいですか。
A. 「藤沢市電子申請 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 藤沢市・都市ボランティア登録」で必要事項をご登録ください。ご登録後、今後のお知らせをする「ボランティアマイページ」のID・パスワードを発行します。
詳細はこちら

Q. パソコンやスマートフォン、メールアドレスがないと応募できませんか。
A. FAXや郵送での申し込みが可能です。応募以降は、PC・タブレット・スマートフォン等での連絡が必要となる可能性があります。インターネット等へ接続できる環境をおすすめします。

Q. FAX・郵送用の申込用紙はどこでもらえますか。
A. 藤沢市役所本庁舎1階の総合受付、5階東京オリンピック・パラリンピック開催準備室窓口、市内各市民センターに配架しています。

Q. 結果通知はいつ、どのようにもらえるのでしょうか。
A. 一次募集については、2019年1月から2月にかけて選考を行う予定です。選考結果は応募者全員にメール、郵送等で通知します。


<資格等について>
Q. 英語が話せないと応募できませんか。
A. 応募できます。選考の過程やボランティア活動場所の配置において、参考とさせていただきます。

Q. 応募にあたって必要な資格はありますか。
A. 必須とする資格はありません。ただし選考の過程やボランティア活動場所の配置において、資格情報や業務経験等について、参考とさせていただきます。ご応募の際には、ボランティア経験や言語、観光に関する項目にご記入ください。


<応募登録(電子申請等)について>
Q. ウェブから申し込みをする際、「藤沢市電子申請 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 藤沢市・都市ボランティア登録」に入力した情報を保存しておくことはできますか。
A. 申請を進めると、最終的な申請ボタンを押していただく前に、印刷ボタンがあるので、申請内容を印刷していただくことが可能です。なお、入力途中に一時的に保存することも可能です。一定時間以上操作されない場合は自動的にタイムアウトになってしまいますので、ご注意ください。

Q. 応募登録が完了できたかどうかは、どこで確認したらよいですか。
A. 電子申請が完了すると、e-kanagawa電子申請よりメールにて「到達通知」が送られます。 その後、一週間以内に藤沢市東京オリンピック・パラリンピック開催準備室より「マイページパスワード発行のお知らせ」をお送りします。「到達通知」および「マイページパスワード発行のお知らせ」が届かない場合は、お手数ですがお問い合わせください。

Q. 応募時に登録した内容がわからなくなりました。
A. 東京オリンピック・パラリンピック開催準備室にお問い合わせください。
メール:fj-games2020@city.fujisawa.lg.jp
TEL:0466-50-3549(直通番号)

Q. FAXや郵送で申込した場合、受付確認の通知は届きますか。
A. 申込書にメールアドレスが記載のある場合、受付完了のメールをお送りさせていただきます。


<ボランティアマイページについて>
Q. ボランティアマイページとは何ですか。
A. ウェブ上で、選考結果のお知らせや、研修の受講状況・履歴を確認できる機能です。ウェブからお申込みいただいた方には、マイページを発行しています。

Q. マイページのID(メールアドレス)を忘れてしまいました。
A. メールアドレスを忘れてしまった場合は東京オリンピック・パラリンピック開催準備室までご連絡ください。

Q. マイページにログインするためのパスワードを忘れてしまいました。
A. パスワードを忘れてしまった場合はログイン画面でパスワードの再発行ができますので、手順に従い再発行をお願いします。


<提供される物品等について>
Q. 活動にあたってどんなものが支給されますか?
A. ユニフォーム一式、活動中飲食、ボランティア活動向けの保険、活動期間中の活動日における滞在先から活動場所までの交通費相当として一定程度を予定しています。
※面接・説明会等研修及び活動期間中における交通費および宿泊は、自己負担・自己手配となります。

Q. ボランティアをしたという証明はもらえますか?
A. 活動終了後、活動日等を記載した活動証明書を発行する予定です。


<2020応援団 藤沢ビッグウェーブについて>
Q. 藤沢ビッグウェーブ応援団とはどういうものですか?
A. 「オリンピック・パラリンピックに関わりたい!」という気持ちと活動を通じ、2020年をきっかけにまちを盛り上げていく取り組みです。ご登録いただいた方に、藤沢市内を中心としたイベント情報、ボランティア募集情報等をお知らせしています。


<研修について>
Q. 研修の予定を教えてください。
A. 一次募集後のリーダー候補を対象とした研修は、2019年3月に初回の実施を予定しています。2019年5月頃には、二回目の研修を予定しております。なお、2019年3月に実施する初回の研修では、ボランティアリーダーとしての役割についての研修等を予定しています。

Q. 研修はどこで開催しますか。
A. 藤沢市役所本庁舎を予定しています。

Q. 研修に係る交通費等は出してもらえますか。
A. 申し訳ございませんが、自己負担となります。


<大会ボランティアと都市ボランティアについて>
Q. 藤沢市都市ボランティアと大会ボランティアの違いは何ですか?
A. 藤沢市が募集する「都市ボランティア」には、開催会場・藤沢市(江の島)の「顔」として、選手をはじめとする大会関係者や国内外からの旅行者・観光客等を「おもてなしの心」を持ってお迎えするとともに、拠点となる駅や観光地で、明るく、楽しい雰囲気で案内することで、大会に花を添え、盛り上げの一翼を担う大会メンバーの一員として活動していただきます。

「大会ボランティア」とは東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が募集する、競技会場などの大会関係施設における会場内誘導・案内や受付、競技運営サポートなどを行います。

<大会ボランティアの詳細については、こちらにお問い合わせください>
TOKYO 2020 大会ボランティア運営事務局
電話番号:ナビダイヤル 0570-08-2020
(IP電話・国際電話等の場合:045-330-3036)※平日9:00~17:45受付

オリンピック・パラリンピックにおけるボランティアの概要

オリンピック・パラリンピックのボランティアは大きくわけて2種類あります。
1つ目は、東京2020組織委員会が募集・運営する「大会ボランティア」。
競技会場や選手村で、選手や報道関係者のサポート、試合・レース運営などのボランティアを行います。

2つ目が各開催会場自治体が募集・運営する「都市ボランティア」。空港や駅で、旅行者や観戦者の誘導案内などを行います。

大会ボランティア 都市ボランティア
運営主体 組織委員会 東京都、または競技会場の所在する自治体
活動場所 競技会場、選手村など 主要駅、観光地、競技会場の最寄り駅周辺など
活動内容 観客サービス、競技運営のサポート、メディアのサポートなど 観光・交通案内、観客への案内など
規模 約8万人 約3万人
※セーリング競技・江の島会場については藤沢市で約840人と試算
藤沢市では、一人でも多くの方に大会に参加していただくため、このほかに独自のボランティアとして様々な取組を検討します。

藤沢市では、「市民参加型のオリンピック・パラリンピック」を推進しています。


大会組織委員会の
ホームページにリンクします。


2次募集は、2019年4月10日~7月5日を予定しています。
詳細は追ってお知らせします。


大会期間に関わらず、ボランティア
活動する機会を準備中です。

ボランティアインタビュー

2018年9月9日~9月16日で開催された「セーリングワールドカップシリーズ江の島大会2018」では、
2020年の「都市ボランティア」のテストも兼ねて、多くの方におもてなしやイベントのボランティアにご協力いただきました。
ボランティアを経験してみてどうだったか、実際に活動された方にインタビューをしました。